2007-08-28

フランスの医療制度

SiCKOで絶賛のフランスの医療制度についてです.厚生労働大臣の舛添要一氏もフランスとは関係深く意外とフランス型の医療制度を念頭に置いているのかもしれません.

医療保障制度の問題点
フランスの事例を中心にヨーロッパ医療制度改革の問題点
主任研究員 石塚秀雄 『いのちとくらし』準備号より掲載日2002年10月19日
http://megalodon.jp/?url=http://www.inhcc.org/jp/research/report/20021019-ishizuka.html&date=20070828123728

フランスにおける医療制度by奥田七峰子
http://megalodon.jp/?url=http://naoko.okuda.free.fr/medical.html&date=20070828123812

フランスの保健医療の現状
重光哲明(国際保健医療観測センター外科・外傷整形外科)
週刊医学界新聞
http://megalodon.jp/?url=http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2001dir/n2425dir/n2425_02.htm&date=20070828124235
http://megalodon.jp/?url=http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2001dir/n2428dir/n2428_03.htm%2300&date=20070828124509
http://megalodon.jp/?url=http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2001dir/n2431dir/n2431_04.htm%2300&date=20070828124923
http://megalodon.jp/?url=http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2001dir/n2438dir/n2438_04.htm%2300&date=20070828125148

フランスの保健医療は,混合医療が導入されているものの「最低限共通の医療レベルを保証する」という考えみたいです.
医師の資格に第1から3セクターまでの分類があり(技術のランクを示すものではない),第1セクターは通常の保険診療をする医師ですが,第2セクターになると一部が自由診療分の上乗せ価格が付き,第3セクターは完全な自由診療。第2,第3といくにしたがって患者の自己負担額は高くなります.お金持ちは第2,第3セクターの医師にかかることができるわけですが、最低医療レベルが確保されているようです。
重光哲明氏が書いているように公立病院を中心として種々問題があふれているようですし,国民,政府および雇用側の財政負担がかなり大きいですね.

2 comments:

田舎の一般外科医 said...

 フランスは日本と比べて弱者保護が行き届いているというように認識されています.実際に労働者の保護が手厚く,企業の責任を重くしているのですが,これが祟って多くのフランス企業がフランス国内から国外に逃げ出している現状があります.
 単純に弱者の保護を拡充すべきだとか,医療を簡単に安く受けられるようにするとかは大衆受けがいいのですが,このグローバリズムの中では好むと好まざるとにかかわらず,国内の空洞化と表裏一体であることを忘れてはならないように思います.

MTL said...

http://megalodon.jp/?url=http://www.financial-journal.net/blog/2007/08/000295.html&date=20070902090311
一般制度の財源は主として労使拠出の保険料であり、使用者負担が給与総額の12.8%、被用者負担が給与総額の0.75%である。
とのこと企業はたまりませんね.
日本の企業は恵まれております.もう少し社会に還元していいと思います.